ファイナンスってなに?

ファイナンスとは企業の資金調達の事をいいます。銀行などからの借入金もファイナンスといいますが、株式がらみでは一般に新株発行を伴う資金調達のエクイティファイナンスのことを指します。この他、普通社債、CB(CBとはConvertible”転換できる”bond”債券”の頭文字をとったもので、転換社債とも言われています。平成14年4月以降は「転換社債型新株予約権付社債」と呼ばれています)、ワラント債(社債権者に対し、発行会社の新株を定められた価格で買い付ける権利”ワラント”を付与した社債)などを発行して資金調達をすることも含めます。またファイナンスの主なものとしてエクイティファイナンスとデットファイナンスの2つが挙げられます。エクイティファイナンスとは、株式を発行するなど直接金融によって資金を調達するものです。エクイティファイナンスには新株発行や自己資本の増加が伴います。また、公募増資以外にも転換社債やワラント債による資金調達もエクイティファイナンスの一種として考えられています。エクイティファイナンスは自己資本の増加を伴うことが特徴です。またデットファイナンスとは、銀行から融資を受けたり債権を発行したりすることで、間接金融によって資金を調達するものです。資金を借り入れる企業にとっては貸借対照表の負債の部に記入されることになり、他人資本の増加になる資金調達方法なのです。一般に企業が健全な条件のもとに盛んにファイナンスを行っている場合には積極的な設備投資をしていることなどから、当該企業の業績が好調であることが予想できます。しかし、一方で無理な条件でのファイナンスを繰り返している企業は資金繰りが上手くいっておらず、経営が行き詰まる可能性が高いことが予測されます。このようにファイナンスの仕方を観察することで企業の経営状態を推測することも可能なのです。